プロ野球プライド シルエットカード デメリット

プロ野球プライドのシルエットカードのデメリット

プロ野球プライドのカードとなっている選手が移籍や引退など、シーズン終了後に、契約更改やトレードなどで増えますね。

 

そんなこんなで、選手が移籍したり、引退したりすると所属先が変わってしまうので、カードが大人の事業(?)でその選手がシルエットカードとなってしまいます。

 

下記のような画像のカードのことですね。

 

プロ野球プライドのシルエット

 

(シルエットの選手がいなくて、かわりに監督の画像を掲載しています。しかし、この顔はだれなんでしょ?)

 

移籍や引退はスポーツ選手には仕方の無いことですよね。

 

シルエットカードのデメリット

 

それでは、シルエットカードのデメリットを紹介します。

 

プロ野球プライドのトレード

 

それは、シルエットカードになってしますと、トレードに使用することが出来ないということです。

 

たとえば、自球団選手ではなく、あとでトレードに出そうと思っていたレアリティの高い選手カードを取っておいたときには、そのカードを実際にトレードしようとしたらできないってことです。

 

シルエットカードには、こんな残念なデメリットがあるんですね(汗)

 

とはいっても、シルエットカードになったからといって、レアリティや能力などが下がってしまうということはないです。

 

プロ野球プライドのスタメン

 

なので、スタメンに普通にセットしても特に問題なしです!

 

レアリティの高いものを持っているなら、とりあえずはそのまま使っておきましょう。

 

そのうち、新しく強い選手カードが手に入ったら、シルエットカードから交換すればよいかと思います^^

 

プロ野球プライドの監督カード

 

ちなみに、シルエットになるのは、選手だけでなく、監督やコーチもありますので注意してください。(とりあえず原さんは可能性はまだ低そうですね)

 

監督カードは、トレードでも需要がありますからね。

 

シーズンが終了すると、契約更改なので、移籍などで所属先の変更が多いです。

 

もし、トレードに出そうと思っていたカードがシルエットになってしまうと、トレードに使えませんので、移籍情報には注意しておくとよいでしょう。

 

もちろん、シーズン中にもトレードなどで移籍してしまうことがありますので、プロ野球ニュースも見ておくようにしたいところですね。

えっお金がなくてもBBゲット?!

なんとお金を使わずにBBゴールドをゲットできました!!!


わたしは、この方法でBBゴールドがお金を使わずにゲットすることができたので、よかったらわたしと同じようにBBゲットしましょう(^o^)


プロ野球プライドのBBゴールド

>>BBゴールドをタダに手に入れる方法<<